6   +   10   =  

実写映画『文豪ストレイドッグス BEAST』から劇中場面カット7枚が公開!

原作・朝霧カフカ、作画・春河35により2013年1月号の「ヤングエース」で連載が開始され、シリーズ累計850万部(電子含む)を突破し小説版や2016年にはアニメ化、2017年に第一作となる舞台が公演され、2018年に劇場アニメーションも公開されたメディアミックスを展開中の大ヒット作品『文豪ストレイドッグス』。

本シリーズは、ヨコハマを舞台に、中島敦、太宰治、芥川龍之介といった実在の文豪の名を懐くキャラクターが繰り広げる“異能”アクションバトル。メインキャラクターのひとり中島敦は、虎に変身する異能力“月下獣”の持ち主。芥川龍之介は凶悪なポートマフィアの構成員で外套から黒獣を生み出して攻撃ができる“羅生門”の使い手。他にも文豪たちの作品にちなんだ、数々の異能力が登場。

シリーズ初の実写映画化となる『文豪ストレイドッグス BEAST』では、「中島敦(鳥越裕貴)と、その宿敵である芥川龍之介(橋本祥平)。もし、ふたりの所属する組織が逆だったら…?」という“if”のストーリーが描かれ2022年1月7日(金)に公開される。

 

本日11月25日(木)、作品の新たな場面カット7枚が公開になった。

【1】一転して「武装探偵社」の階下で営業する喫茶「うずまき」にて談笑する、敵対しているはずの 2 人。
【2】ポートマフィアの中島敦(鳥越裕貴)に掴みかかる本作の主人公・芥川龍之介(橋本祥平)。
【3】深刻な表情を浮かべ車内で密会する織田作之助(谷口賢志)と内務省異能特務課の坂口安吾(荒木宏文)。
【4】ポートマフィアの首領部屋で意味深に思索にふける太宰治(田淵累生)。
【5】冷たく視線を交差させる敦と中原中也(植田圭輔)。
【6】貧民街で呆然と立ち尽くす芥川とその妹の銀(紺野彩夏)
【7】孤児院の教会で床に座り許しを請うような敦とそれを見下す孤児院の院長(南圭介)。

 

これらのシーンは、本予告映像の中でも見ることができます。
芥川と敦はどうなっていくのか、詳細は劇場での公開をお楽しみに!

映画「文豪ストレイドッグス BEAST」本予告 90秒(2022年1月7日公開)
https://youtu.be/NSuJuqMGF1o

 

 

ムビチケ前売券(カード)情報

特典:特製 A4 クリアファイル 芥川龍之介&中島敦 配布中
※第 2 弾特典「織田作之助&太宰治」は 11 月 12 日より開始

価格:1,500 円(税込)
※先着・数量限定。一部劇場を除く

発売日:発売中
販売劇場は下記ご確認ください。

URL:
http://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=bungobeast

 

 

☆作品詳細

映画 文豪ストレイドッグ BEAST

【公開表記】2022年1月7日(金) 公開

【キャスト】橋本祥平 鳥越裕貴
谷口賢志 輝馬 長江崚行 桑野晃輔 堀之内 仁 広川 碧 齋藤明里
田淵累生 桑江咲菜 紺野彩夏 植田圭輔

【原作】角川ビーンズ文庫「文豪ストレイドッグス BEAST」
【監督】坂本浩一
【脚本】朝霧カフカ
【配給】KADOKAWA

 

あらすじ

異能者ひしめく混沌都市、ヨコハマ。貧民街の路地をねぐらに生きる孤児の芥川龍之介は、妹の銀と仲間たちとともに溝底を這い、明日をも知れぬ日々を生きていた。だが、感情を持たない「心なき狗」と呼ばれた彼の瞳に“憎悪”が宿った日――運命が動き出す。それから、4年後。川岸で餓死しかけていたところを拾われた芥川は「武装探偵社」で働きはじめる。そこへあらわれたのは、組織に敵対する者を無慈悲に屠る「ポートマフィアの白い死神」中島敦。首領からの命令を受けてやってきた敦が持つ封筒には、芥川が行方を探す銀の写真が入っていた……。
運命のわかれ道で差し出された手に翻弄されたふたりの少年、その邂逅の先に待つものとは――。

 

公式サイト:https://bungo-movie.com/
公式Twitter: @bungo_movie
推奨ハッシュタグ: #映画文スト

『文豪ストレイドッグス BEAST』は角川ビーンズ文庫から発売中の「文スト」外伝作品。もし“ポートマフィアの禍狗”芥川龍之介が武装探偵社に入社していたら?もし“月下獣”を宿す中島敦がポートマフィアに所属していたら? という、“if”の世界を描く本作。本編では見ることの出来ない、芥川や敦の姿だけでなく、太宰治の盟友・織田作之助が登場するなど、「文スト」ファンから大きな人気を集めている「BEAST」が、初の映像化を果たす。

 

キャラクター場面カット一挙解禁!

メインビジュアルと本予告の解禁に合わせて各キャラクター総勢17名の場面カットを解禁!
場面カットの中には、先日のキャスト解禁では名前のなかった坂口安吾役・荒木宏文、澁澤龍彦役・村田充、フョードル・D役・岸本勇太の姿もあり“文ステ”(「舞台 文豪ストレイドッグス」)のキャスト陣が映画版でも出演となったほか、敦の過去に大きな影響を与えた孤児院の院長役を南圭介が演じます。

芥川龍之介 (橋本祥平)
着ている衣服を自在に操る異能「羅生門」を持ち「心なき狗」の二つ名で恐れられていた貧民街の孤児。川べりで餓死しかけていたところを拾われ、武装探偵社の入社試験を受けることに。4年前に連れ去られた妹を探している。

中島敦 (鳥越裕貴)
組織に敵対する者を表情一つ変えずに屠り「ポートマフィアの白い死神」と噂される。白虎に姿を変える「月下獣」の異能者。
悲惨な境遇にあった孤児院から救い出してくれた首領に盲従している。白髪で、喉元まで覆う黒い外套をまとう。

織田作之助 (谷口賢志)
武装探偵社の一員で、河原で出会った芥川を社員として推薦した。数秒先の未来を予知する「天衣無縫」の異能を持つが、何があろうと「人を殺さない」と決めている。小説を書いていて、辛い咖喱が好物。

太宰 治 (田淵累生)
4年前、芥川のもとから銀を連れ去った黒衣の男。その正体は、ヨコハマで最も危険な男とされるポートマフィアの首領である。ある巨大な計画のもと、部下の中島敦を武装探偵社へ遣わす。相手の異能を無効化する「人間失格」の異能を持つ。

銀 (紺野彩夏)
芥川の妹。4年前に孤児の仲間たちを失い、自身も負傷。太宰に連れ去られ、現在はポートマフィアで秘書をしている。

泉 鏡花 (桑江咲菜)
敦に寄り添う、ポートマフィアの構成員。殺戮の異能「夜叉白雪」を持ち「35人殺し」の異名で恐れられている

中原中也(植田圭輔)
ポートマフィアの構成員。太宰を殺したいほど憎み、悪態をつきながらも護衛を務めている。帽子がトレードマーク。

 

「文豪ストレイドッグス」とは

『文豪ストレイドッグス』は、現代のヨコハマを舞台に、中島敦、太宰治、芥川龍之介といった文豪たちが繰り広げる異能アクションバトル漫画。
2013 年 1 月号の「ヤングエース」(KADOKAWA)で連載が開始され、現在シリーズ累計 850 万部(電子含む)を突破。角川ビーンズ文庫での小説版やアニメ化など、様々なメディアミックスも展開中。

映画「文豪ストレイドッグス BEAST」本予告 90秒(2022年1月7日公開)
https://youtu.be/NSuJuqMGF1o

 

映画「文豪ストレイドッグス BEAST」特報(2022年1月7日公開)
https://youtu.be/ezXlR-g5vmE

©映画「文豪ストレイドッグス BEAST」製作委員会