約3年ぶりに声出し解禁!ブシロード縁のユニット・バンド・アーディストが一堂に会した「ブシロード15周年記念ライブ in ベルーナドーム」速報レポート!

 

2022年11月13日(日)、ベルーナドームでブシロードの15周年を祝う「ブシロード 15周年記念ライブ in ベルーナドーム」が開催された。

同公演は株式会社ブシロードの設立15周年を記念したライブで、ブシロードが展開する様々なコンテンツや関係のある総勢19組が出演したブシロード史上最大級のライブ。
「BanG Dream!」や「D4DJ」
「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」「from ARGONAVIS」他、「ラブライブ!シリーズ」から Aqours(斉藤朱夏/小林愛香/降幡 愛)、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(大西亜玖璃/前田佳織里/小泉萌香)、現在活動休止中のミルキィホームズとフェザーズ、今年24周年を迎えた「デ・ジ・キャラット」の新プロジェクト「令和のデ・ジ・キャラット」からバーチャル D.U.P.、奥井雅美、「アサルトリリィ」プロジェクトから一柳隊などが出演。
ブシロードグループと縁のあるユニット・バンドが一堂に会した。

 

オープニングアクトを務めたのは、新たにバンドリ!プロジェクトに加わった新バンド・MyGO!!!!!と、こちらも「少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-」に仲間入りしたばかりながら10月に舞台公演を成功させたシークフェルト音楽学院中等部。どちらも初めてのドームという舞台ながら堂々としたステージングでオープニングアクトという大役を務め上げた。

 

 

そして木谷高明社長の開幕の言葉から15周年記念ライブはスタートする。
先陣を切ったのはバンドリ!プロジェクトよりRAISE A SUILEN。「EXPOSE ‘Burn out!!!’」「Sacred world」「DRIVE US CRAZY」と3曲ながら圧倒的なパフォーマンスで会場の熱気を一気に引き上げる。

 

 

続いてはD4DJからHappy Around!と、活動中止以来久しぶりに終結したミルキィホームズがステージに登場。「熱風海陸ブシロード~熱き咆哮~(Hyper Euro Version)」のイントロで大きな歓声が沸き上がり、興奮と感動が渦巻くアリーナに木谷社長がトロッコで現れるとさらに大きな盛り上がりを見せた。

 

 

そのままHappy Around!が残り、「ぐるぐる DJ TURN!!」「君にハピあれ♪」「HAPPIEST☆DREAM」「Dig Delight」の4曲を披露。また、このステージで新たに加わった入江 麻衣子が観客の前に初披露目。久しぶりの4人体制でのパフォーマンスに大きな声援が送られた。

 

 

キュートなパフォーマンスのHappy Around!からステージを引き継いだのはfrom ARGONAVIS Special Band。「STARTING OVER」「BLACK&WHITE」「ゴールライン」の3曲を披露し、男性バンドらしい力強いボーカルと重厚なサウンドでドームに負けないスケール感でで魅せる。

 

 

続いて登場したのは少女☆歌劇 レヴュースタァライトからスタァライト九九組。
本日参加できなかった石動双葉役 生田 輝のイメージカラーの紫を含む色、とりどりのペンライトが振られる中、「私たちはもう舞台の上」「Star Divine」を披露。声出しの喜びを嚙み締めながら歌い上げ、ブシロード 15周年記念ライブに華を添える。

 

 

スタァライト九九組からのバトンを受け取ったのはD4DJからLyrical Lily。
「汚れっちまった悲しみの色」「撲殺天使ドクロちゃん」「人間合格!!!!」「吾輩よ猫であれ」とカバー楽曲・オリジナル楽曲を交え4曲を披露。会場全体での合いの手などで一体感を生み出した。

 

 

Lyrical Lilyのフレッシュで可憐なパフォーマンスのお次は令和のデ・ジ・キャラットから奥井雅美。
「only one, No.1」「CUTIE」「女神になりたい~for a yours~」とこれまでのデ・ジ・キャラットの主題歌3曲をメドレーで披露し、最後は令和のデ・ジ・キャラットの主題歌「曖昧さ、幸福論」を熱唱。

 

 

続いては最新技術で誕生したバーチャル D.U.P.(デ・ジ・キャラット/プチ・キャラット/ラ・ビ・アン・ローズ)による「PARTY☆NIGHT (D-POP version) ~D.U.P.~」。会場全体が緑色のペンライトを振り、ジャンプ。でじこらしい毒舌を交えたMCで大盛り上がりをみせた。

 

 

そしてトロッコで登場したのはD4DJからPeaky P-key。
観客との距離も近く、トロッコでアリーナを横断しながら「Gonna be right」「最頂点 Peaky&Peaky!!」「CYBER CYBER」「電乱★カウントダウン」とアッパーなナンバーを4曲連続で披露。

 

 

Peaky P-keyからのバトンを受け取ったのはアサルトリリィから一柳隊の9人。
今年は作品の舞台山梨でのライブなど節目の年になった一柳隊は「Edel Lilie」「Neunt Praeludium」「OVERFLOW」など息の合ったパフォーマンスで会場を魅了した。

 

 

続いてはバンドリ!プロジェクトから、Morfonica。一面ブルーに染まる中、「Daylight -デイライト-」「flame of hope」「ハーモニー・デイ」と3曲ながら堂々としたパフォーマンスで観客へ大きなインパクトを残した。

 

 

Morfonicaのお次はD4DJからフロアを熱く盛り上げるMerm4idと燐舞曲。
まずはMerm4idが「High tension BPM」「Princess advent」「Floor Killer」など日が陰り少し肌寒くなったドームを一気に熱くさせるパフォーマンスを披露。

 

 

そこに燐舞曲が合流し、10月の合同ライブ以来のコラボ楽曲「FAKE OFF」で15周年ライブを盛り上げる。

 

 

そのまま燐舞曲が残り、「名前のない怪物」「瞬動-movement」「BLACK LOTUS」と圧倒的な個性で観客を魅了した。

 

 

ここで『てっぺん っ!!!!!!!!!!!!!!!』からヤングワイワイの3人がサプライズで登場!
気心知れた3人のテンポのいい掛け合いで会場を沸かし、「てっぺんっ天国 ~TOP OF THE LAUGH!!!~」の歌唱の際にはヤングワイワイの3人に加え、てっぺんっオールスターズが参加し、総勢8名今日だけのスペシャルライブを披露。

 

 

お次はD4DJからPhoton Maidenがステージに立つ。
「We never stop」「Linked Ring」「99ILLUSON!」「Photon Melodies」の4曲を披露。今回は3名でのパフォーマンスながら幻想的なPhoton Maidenらしさをドームのステージで表現した。

 

 

Photon Maidenのバトンを受け取ったのはラブライブ!シリーズのAqoursより『Aqours浦の星女学院RADIO!!!』のメインパーソナリティを務める“わいわいわい”の3人。
11月9日にリリースしたばかりのユニット楽曲「ファボタージュ」「わーいわいわい わいわいわい!」に加え、「SUKI for you, DREAM for you!」とコミカルで可愛らしいパフォーマンスで会場を虜に。

 

 

続いては同じくラブライブ!シリーズから虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の三船栞子役 小泉萌香、桜坂しずく役 前田佳織里、上原歩夢役 大西亜玖璃が登場。「翠いカナリア」(三船栞子(CV.小泉萌香))、「オードリー」(桜坂しずく(CV.前田佳織里))、「Break The System」(上原歩夢(CV.大西亜玖璃))がソロ楽曲をを披露。3人集結して「繚乱!ビクトリーロード」、そして「Level Oops! Adventures」ではトロッコに乗り込み歌いながらアリーナを一周。久しぶりの大きな歓声を噛み締めながら最後は「Just Believe!!!」を歌い上げた。

 

 

ここでスターダムからmeltear(中野たむ/なつぽい)の二人がシークレットアクトとして15周年ライブに参戦!
「Double Frontier」を歌い上げ、MCでは武道館でのワンマンライブ開催を明言。
15周年ライブに爪痕を残した。

 

 

15周年ライブも後半戦に突入。
まずはフェザーズが「セイシュンビギナー!」で久しぶりのステージに立ち、コール&レスポンスを交え、会場を盛り上げ、
ミルキィホームズにバトンタッチ。

 

 

約4年ぶりの4人の姿に1曲目の「正解はひとつ!じゃない!!」から大盛り上がり!久しぶりのミルキアンとの再会を喜び合った。2曲目の「ミルキィ A GO GO」ではトロッコに乗り込み、アリーナを一周。そのまま3曲目「雨上がりのミライ」を歌い上げ、ミルキィホームズのパフォーマンスを終えた。

 

 

続いてはバンドリ!プロジェクトからRoselia。
「FIRE BIRD」から客席のペンライトは赤く燃え上がる。そのままの勢いで「BLACK SHOUT」へとつなぐ。
最後は声出しのライブでは初めての「ROZEN HORIZON」を披露。最初から最後まで、大きな声援が鳴りまなず会場の熱はマックス!

 

 

クライマックスを目前に西尾がブシロードコンテンツの名曲をつなぎ盛り上げると、オオトリを務めるPoppin’Partyにバトンタッチ。
「ぽっぴん’どりーむ!」から客席は全力のジャンプで声援を送る。
MCでは5年前に10周年ライブの時はトップバッターだったと感慨深く5年前を振り返ると、続けてアニメ主題歌曲「ときめきエクスペリエンス!」「キズナミュージック♪」を連続で披露。
終わりたくない5人は予定のなかった「ティアドロップス」のサビをセッションして会場は大きな盛り上がりを見せた。

最後はPoppin’Partyの1st4シングルでBanG Dream!初のオリジナル曲「Yes! BanG_Dream!」で締めくくり5時間にも及ぶ「ブシロード15周年記念ライブ in ベルーナドーム」は幕を下ろした。

 

 

終演後には2023年5月に富士急ハイランド・コニファーフォレストで「BUSHIROAD ROCK FESTIVAL 2023」が開催される事をティザームービーで初解禁。
本公演の「観客の声出しOK」の発表で、会場内は大きな歓声が沸き起こった。

Photo ハタサトシ、福岡諒祠(GEKKO)、池上夢貢(GEKKO)、中村ユタカ

 

 

 

《イベント概要》

◆公演名
「ブシロード 15周年記念ライブ in ベルーナドーム」

◆日時
2022年11月13日(日)
開場 13:30/開演 15:30/終演 20:15(予定)
オープニングアクト/15:00~

◆会場
ベルーナドーム

◆出演
【アサルトリリィ】
一柳隊

【少女☆歌劇 レヴュースタァライト】
スタァライト九九組(小山百代/三森すずこ/富田麻帆/佐藤日向/岩田陽葵/小泉萌香/相羽あいな/伊藤彩沙)

【BanG Dream!】
Poppin’Party、Roselia、RAISE A SUILEN、Morfonica

【from ARGONAVIS】
from ARGONAVIS Special Band(伊藤昌弘/日向大輔/前田誠二/森嶋秀太/小笠原 仁/真野拓実/宮内告典)

【D4DJ】
Happy Around!、Peaky P-key、Photon Maiden、Merm4id、燐舞曲、Lyrical Lily

【ミルキィホームズ】
ミルキィホームズ、フェザーズ

【ラブライブ!シリーズ】
Aqours(斉藤朱夏/小林愛香/降幡 愛)、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会(大西亜玖璃/前田佳織里/小泉萌香)

【令和のデ・ジ・キャラット】
バーチャル D.U.P.(デ・ジ・キャラット/プチ・キャラット/ラ・ビ・アン・ローズ)、奥井雅美

【オープニングアクト】
MyGO!!!!!、シークフェルト音楽学院中等部

【シークレットアクト】
ヤングワイワイ(伊藤彩沙/愛美/佐々木未来)&てっぺんっオールスターズ(相羽あいな/小原莉子/櫻川めぐ/葉月ひまり/小山百代)、meltear(中野たむ/なつぽい)

 

◆リアルタイム配信
申込 URL:https://eplus.jp/bushiroad_15thlive_st/
視聴チケット:¥4,500(税込)
販売期間:11/1(火)18 時~11/15(火) 21:00
※アーカイブ配信:11/15(火)23:59 迄
※オープニングアクトの配信はございません

◆公演詳細
https://live.bushiroad-music.com/bushiroad_15thlive/

 

 

◆セットリスト

【RAISE A SUILEN】
EXPOSE ‘Burn out!!!’
Sacred world
DRIVE US CRAZY

【Happy Around!×ミルキィホームズ×木谷高明】
熱風海陸ブシロード~熱き咆哮~(Hyper Euro Version)

【Happy Around!】
ぐるぐる DJ TURN!!
君にハピあれ♪
HAPPIEST☆DREAM
Dig Delight

【from ARGONAVIS Special Band】
STARTING OVER
BLACK&WHITE
ゴールライン

【スタァライト九九組】
私たちはもう舞台の上
Star Divine

【Lyrical Lily】
汚れっちまった悲しみの色
撲殺天使ドクロちゃん
人間合格!!!!
吾輩よ猫であれ

【奥井雅美】
only one, No.1
CUTIE
女神になりたい~for a yours~
曖昧さ、幸福論

【バーチャル D.U.P.(デ・ジ・キャラット/プチ・キャラット/ラ・ビ・アン・ローズ)】
PARTY☆NIGHT (D-POP version) ~D.U.P.~

【Peaky P-key】
Gonna be right
最頂点 Peaky&Peaky!!
CYBER CYBER
電乱★カウントダウン

【一柳隊】
Edel Lilie
Neunt Praeludium
OVERFLOW

【Morfonica】
Daylight -デイライト
flame of hope
ハーモニー・デイ

【Merm4id】
High tension BPM
Princess advent
Floor Killer

【Merm4id×燐舞曲】
FAKE OFF

【燐舞曲】
名前のない怪物
瞬動-movement
BLACK LOTUS

【てっぺんっ!!!!!!!!!!!!!!!】
てっぺんっ天国 ~TOP OF THE LAUGH!!!~

【Photon Maiden】
We never stop
Linked Ring
99ILLUSON!
Photon Melodies

【Aqours】
ファボタージュ / わいわいわい
SUKI for you, DREAM for you!
わーいわいわい わいわいわい! / わいわいわい

【虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会】
翠いカナリア / 三船栞子(CV.小泉萌香)
オードリー / 桜坂しずく(CV.前田佳織里)
Break The System /上原歩夢(CV.大西亜玖璃)
繚乱!ビクトリーロード
Level Oops! Adventures
Just Believe!!!

【meltear】
Double Frontier

【フェザーズ】
セイシュンビギナー!

【ミルキィホームズ】
正解はひとつ!じゃない!!
ミルキィ A GO GO
雨上がりのミライ

【Roselia】
FIRE BIRD
BLACK SHOUT
ROZEN HORIZON

【Poppin’Party】
ぽっぴん’どりーむ!
ときめきエクスペリエンス!
キズナミュージック♪
Yes! BanG_Dream!

 

 

■セトリプレイリスト

終演後、音楽配信サイトにて「ブシロード 15 周年記念ライブ in ベルーナドーム」のライブセットリストをプ
レイリストにて配信(※一部楽曲を除く)。
https://lnk.to/bushi_15thlive

 

 

■Twitter キャンペーン実施中

出演アーティストのサイン入りのオリジナル法被が 1 名様に当たる、「ブシロード 15 周年記念ライブ in ベルーナドーム」開催記念 Twitter キャンペーンを実施中!

応募締切:11/15(火) 23:59

詳細:https://onl.bz/KBUs8ym

 

 

新規公開情報

2023年5月27日(土)「BUSHIROAD ROCK FESTIVAL 2023」の開催が決定!

2023年5月27日(土)に、富士急ハイランド・コニファーフォレストで「BUSHIROAD ROCK FESTIVAL 2023」の開催が決定!

当初2021年2月6日(土)、7日(日)に開催を予定しており、新型コロナウイルスの影響で延期となった「BUSHIROAD ROCK FESTIVAL 2021」のチケットをご購入いただいた方向けの振替申込受付がございます。

 

BUSHIROAD ROCK FESTIVAL 2023

【日程】2023年5月27日(土)
【会場】富士急ハイランド・コニファーフォレスト
【出演】RAISE A SUILEN、Morfonica、Peaky P-key、燐舞曲 and more…
【チケット】グッズ付きチケット 16,500 円(税込)

※メモリアルロングTシャツ(Lサイズ)
一般指定席 9,900円(税込)
※本公演は【声出しあり】での開催を予定しております。
※山梨県のガイドラインに沿い、不織布マスクを着用いただくことを前提とします。
※公演当日までの情勢によって変更させていただく可能性がございます。

詳細は公式ホームページをご確認ください。
https://live.bushiroad-music.com/brfes2023/

ブシロード公式Twitter:@bushi_PR

©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc.
©bushiroad All Rights Reserved. illust:たにはらなつき ©HiBiKi

©Project Revue Starlight © 2022 Ateam Entertainment Inc. ©Tokyo Broadcasting System Television, Inc.
©ARGONAVIS project. © 2020 DONUTS Co. Ltd. All Rights Reserved.
©AZONE INTERNATIONAL・acus/
アサルトリリィプロジェクト
©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!
©2022 プロジェクトラブラ
イブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 ©BROCCOLI ©てっぺんグランプリ実行委員会
©World
Wonder Ring STARDOM