6   +   9   =  

劇場OVA『あさがおと加瀬さん。』佐藤卓哉監督スペシャルインタビュー -Anime Expo2018を終えて-

2018年6月9日(土)から期間限定で劇場公開され、一部劇場では現在も公開中の『あさがおと加瀬さん。』。
まじめに緑化委員の活動に取り組む内気でおとなしい高校生・山田結衣と、山田と同じ高校に通う陸上部のエースで男女問わず人気者・加瀬友香の恋愛模様と青春を描いた本作が、2018年7月5日~7月8日の期間でアメリカ・カリフォルニアで開催されたAnime Expo2018で北米プレミア上映会が行われた。

このプレミア上映会で現地のアニメファンと直接触れ合った佐藤卓哉監督に、女の子同士の純愛を描いた本作がどのように受け止められたか、ご自身が何を感じたかお話を伺った。

さらに佐藤監督にお気に入りシーンも上げて頂いているので、これらシーンを踏まえて劇場で鑑賞した方は見返してみてはいかがだろうか。

 


今後のアニメーション作りの指標が少し変わるほどの体験でした

 

──劇場上映を終えて、今のお気持ちは?

佐藤卓哉監督(以下、佐藤) 上映開始直後は『まずは好評でホッとした』という安堵が大きかったのですが、上映期間中、途切れる事なく熱い反響をいただき、スタッフ共々『大事に作ってきて本当に良かった!』と素直に嬉しいです。
特に劇場でBlu-rayを購入された後も、映画の世界に浸るために何度も繰り返し来てくれた方が多かったのが印象的でした。
アニメファン、映画ファンにとって「作品を観る」というのは、パッケージを購入して終わりではなく、本来もっと深く持続するもの、それが「作品を愛する」ということなのだと、あらためて実感しました。

 

 ──Anime Expo 2018お疲れ様でした。プレミア上映会、サイン会を行った現地での反応をお聞かせ下さい。

佐藤 プレミア上映は驚くほど大勢の方々が観に来てくれて、熱狂的に受け容れて貰えました。上映前のサイン会でも「期待してます!」と熱く声をかけてくれる方が男女問わず何人もいらっしゃって、それでも、直前まではプロデューサー共々
「少なくともガラガラの上映なんて事はないよね?」と言い合いながら、なるべくハードルを上げないよう心の準備をしていたのですが、まったく杞憂でした(笑)。
上映中、僕らスタッフはスクリーンの後ろ側にいたのですが、歓声が何度も何度も響いて来て、本当に嬉しく居ても立ってもいられないほどでした。
上映後の質疑応答でも熱心に大勢の方々が並んでくれて、時間的な限界で全て答えきれなかったのが残念で…。
女の子同士のラブストーリーということで、LGBTへの見解も訊ねられました。
僕自身は“LGBTの当事者として意見する資格はないと思うけれど”と断った上で愛情に国も性別も関係ないし、それらは妨げられるべきではないと答えました。
“特例的な関係を描いた物ではなく、ただふたりの人間のピュアな恋愛映画”として作ったつもりですし、そのように受け容れられ、楽しんで貰えたと思います。
僕らが退場する間際にも、何人もの方がイラストや贈り物を持って感想を伝えに来てくれて、嬉しさを通り越して、感激で震えました。
個人的に、今後のアニメーション作りの指標が少し変わるほどの体験でした。

 

──作品ついて伺います。女の子同士の純愛を描いた本作ですが、普通の高校生の恋愛模様のように感じました。制作にあたって意識された事は?

佐藤 前述したとおり“特例的な関係を描いた物ではなく、ふたりの人間のピュアな恋愛映画”として作ったつもりです。
本来的に人が人を好きになり、愛し合うこと自体が自然なことです。
立場も関係ないし、理由を説明する必要もない。
振り返って考えて、そういう姿勢で作ったからこそ、性別や立場を越えて愛される映画になれたのかな、とも思いました。

 

──山田、加瀬さんキャラクターについて改めて作中のシーンを絡めてお伺いできればと思います。監督が山田の個性が一番表れていると思うシーンはどこですか?

佐藤 “気づかずに溜め息をついている”、と三河っちに指摘され、なんとなく気にするところです。
山田の不器用だけど真っ直ぐな人柄は、こういう無意識の仕草にこそ表れると思います。

 

──同じく加瀬さんの個性が一番表れていると思うシーンはどこですか?

佐藤 屋上で『わたしストーカーなの!』と満面の笑顔でぶっちゃけるところです。
照れくさくて言いにくい時は、大声で笑顔ではじけて言う。ジメッとしないところが魅力です。

 

──監督のお気に入りシーンは?

佐藤 冒頭、ふたりが電話で話す嬉し恥ずかし全開のシーンと、後半、中庭からバス停までの、雨に滲んだシーンが気に入っています。
あとは、やっぱりラストシーンですね。

 

──最後に改めて見所をお願いします。

佐藤 ささやかで、きらめく瞬間を、出来るだけ丁寧に捉えました。
美術、音など全ての要素を含めた作品世界を、繰り返し楽しんで貰えたら嬉しいです。

 

【プロフォール】
佐藤卓哉(さとうたくや) アニメーション監督
2000年『NieA_7』で初監督・脚本。これまでの主な監督作品に『STEINS;GATE』、『selector infected WIXOSS、selector spread WIXOSS』がある。現在、新作を鋭意準備中。

 

お知らせ
【劇場情報】
『あさがおと加瀬さん。』は一部劇場で公開中(2018年8月9日現在)。【配信情報】
GYAO!ストアでは全編配信中
https://streaming.yahoo.co.jp/p/y/00025/v12741/
【グッズ情報】
また、上映劇場で好評販売中の「あさがおと加瀬さん。」劇場グッズもきゃにめ通販がスタート。
詳しくはこちらをご確認ください。
http://asagao-anime.com/news/archives/1221
きゃにめ『あさがおと加瀬さん。』
ページURL:https://canime.jp/10000659/

【コミケ情報】

8月10日~12日に東京ビックサイトで開催されるコミックマーケット94「ぽにきゃんブース」で、「あさがおと加瀬さん。原画集~固い絆~」が発売。
劇場OVA「あさがおと加瀬さん。」の原画・美術を一冊に凝縮。原画のみならず、スタッフ描き下ろしイラスト付きメッセージや制作陣&演出陣座談会などの企画も多数掲載している。コミケ会場特典として、キャラクターデザイン坂井久太描き下ろしB2ポスターをプレゼント。

 

◆作品詳細
あさがおと加瀬さん。

一部劇場で上映中
※上映劇場の詳細は公式サイト
http://asagao-anime.com/theater>をご覧ください。

【キャスト】
山田結衣:高橋未奈美
加瀬友香:佐倉綾音
山田結衣:高橋未奈美
加瀬友香:佐倉綾音
三河:木戸衣吹
井上先輩:寿美菜子
先生:浅野真澄
コーチ:内山夕実
?:落合福嗣

【スタッフ】
原作:高嶋ひろみ
監督:佐藤卓哉
キャラクターデザイン:坂井久太
コンセプトボード:平間由香
美術監督:橋本和幸
色彩設計:岩井田洋
撮影監督:口羽毅
編集:後藤正浩
音楽:rionos
アニメーション制作:ZEXCS
配給:ポニーキャニオン
主題歌:『明日への扉』 歌:山田結衣(CV:高橋未奈美)&加瀬友香(CV:佐倉綾音)
公式HP:http://asagao-anime.com
アニメ公式Twitter:@asagao_anime

 

 

©2018 高嶋ひろみ・新書館/「あさがおと加瀬さん。」製作委員会