6   +   6   =  

舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage」総勢14人の王子様による夢の舞台が開幕!

2019年1月31日(木)から〈Sideキエル〉がシアター1010で公演中の「夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage」が、初演を迎えるこの日、ゲネプロを前に囲み取材を行い、アヴィ役の榊原徹士さんはじめ、竹中凌平さん(キエル役)、小沼将太さん(ダグラス役)、古谷大和さん(ロッソ役)、吉澤翼さん(マッドハッター役)、吉岡佑さん(フロスト役)の6名が、本公演への意気込みを語ってくれた。

 

――公演を迎えた今の気持ちと稽古期間中を振り返っていかがでしょうか?

榊原 今回の公演まで色々なことがありましたが、プロフェッショナル精神を忘れずに一丸となって取り組んできました。
誰一人怪我無く千秋楽を迎えられるように頑張りたいと思います。

竹中 稽古期間はあっという間だったんですが、やるべきことは全部やったと思っています。あとはお客様と一緒にステージを完成させたいと思います。

小沼 会場に足を運んでくださる姫たちに、「いいもの見たなぁ」「温かくなったなぁ」など、何かしらの気持ちを持って頂けるように、千秋楽までしっかり頑張っていきます。

古谷 姫様であるお客様を迎えて初めて完成する舞台なので、いろんな意味でようやくスタートが切れるのが楽しみでワクワクしています。

吉澤 お客様に最高のものをお届けできるように、最後の最後までみんなでがんばっていきたいと思います。

吉岡 この中では僕だけ前回から引き続き出演しているのですが、新キャラクター・新キャストの皆さんと一から全員でカンパニーを作り上げてきました。稽古場も和気あいあいとしていて、やる時はやる、熱い時は熱く、遊ぶときは遊ぶ、というように仲良くやらせてもらっていました。

――それぞれの役柄を演じる上で一番気をつけたことは?

榊原 アヴィを演じる上で一番意識していたのはキエルと対照的な性格を守っている所です。あと声に関してですがキエルが若干抜けたような声だとするとアヴィはどっしりするような声だとか。立ち振る舞いでは、よく剣に手をかけていたりするのをアニメなどで見かけていたので、随所で見せていければと思います。

竹中 キエルはその抜けに明るいキャラクターなんですが、反対にすごく繊細な部分もあるので、別人にならないようにバランスよく感情の流れに沿って演じようと心がけました。

小沼 ダグラスは海賊でありながら王子なので、海賊の荒々しさと王子の高貴な所とミスマッチな所を稽古中からどう絡めようか考えながら演じていました。

古谷 今回の物語はロッソの物語が主軸で流れている所もあるので、王子様としてキラキラしている良さを乗せつつ、今回はさらにキャストも変わり、新しいキャラクターも出てきたのでドラマ性を大事にしようと意識しました。

吉澤 プライベートの自分とは正反対で、年齢も不詳ではありますが、高めで落ち着いていて難しかったです。自分なりに色気を出せていければと思います。

吉岡 前回から出ていて気をつける店は多々あるんですが・・・。今の時期一番気をつけるべきはインフルエンザなので、姫様達がインフルエンザにならないように僕達が守って上げられれば(笑)。

――稽古中に印象的なエピソードがあれば教えてください。

古谷 今回スケジュールの都合とかでオールキャストが揃うことがあまりなかったんです。その辺りをみんなで補ってチームワークもできてきたんじゃないかと思います。

――ファンの皆さんへメッセージをお願いします

吉岡 前回よりさらに迫力があると思います。絶対楽しませることができると思いますので、ぜひ劇場に遊びに来てください!

吉澤 来て頂いたお客様が絶対にもう一度みたいと思えるような舞台になっています。ぜひ楽しんでください。

古谷 舞台は1人では作れないものです。原作やキャスト、スタッフ、パフォーマーの皆さん、全員が団結して、作り上げられた作品だと思います。原作を忠実に再現しながらも舞台版として作り上げた新しい物語になっているので、お客様に楽しんで頂けたらと思っています。

小沼 見に来て頂いた姫様にはかっこいい所だけでなく、色々感じてもらって熱量やドラマ性なども見てもらっていい舞台だったなと思ってもらえるように千秋楽まで走っていきますので宜しくお願いします。

竹中 殺陣もあって、ライブパートもあって盛りだくさんになっています。王子様も14人の登場してどこを観ていいか分からない状態になるかと思いますが、お時間ある方は何度でも足を運んで頂きたいと思います。また、何度でも足を運んでもらえる様な舞台が作れるように精一杯頑張りたいと思います。

榊原 舞台はお客様が入って出来上がるものです。舞台は生ものですのでライブ感をぜひ楽しんでもらえればと思います。客席の皆さまにも体感していただく参加型の舞台になっています。寒い中お越し下さるとは思いますが、ぜひ、体を温めてきて頂ければと思います。
「声が出る」というのがキーワードです!

舞台は総勢14人の王子様が出演する豪華さもさることながら、ジャケットの裏地に至る細部までこだわって制作された衣装にも注目。

アニメが原作という事で、真面目なアヴィと明るいキエルの軽妙な掛け合いや雪の国の3王子の関係性、海賊の国の2王子の男気、不思議の国の王子たちの可愛らしさなど、見所盛りだくさん。

特に前回以上に激しいアクションシーンも用意されており、大剣を手に動き回るアヴィだけでなく、全ての王子たちにも見せ場が用意されている。

姫様の応援が不可欠な舞台になっているので、ぜひ声を出して楽しんでもらいたい。

 

ゲネプロオフィシャル写真

 

★舞台詳細
舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage」

◆キャスト
アヴィ:榊原徹士、キエル:竹中凌平、ダグラス:小沼将太、ロッソ:古谷大和、マッドハッター:吉澤翼、キャピタ:鷹松宏一、ハーツ:小林竜之、チェシャ猫:白石康介、マーチア:上杉輝、クロノ:菊池修司、ドーマウス:佐藤友咲、フロスト:吉岡佑、グレイシア:高橋里央、シュニー:山中健太

◆日程
<Sideキエル>
シアター1010
2019年1月31日(木)〜2月3日(日)7公演

<Sideアヴィ>
品川プリンス ステラボール 
2019年2月7日(木)~2月11日(月・祝)8公演
※日程により、お見送りアフターイベント「プリンス・エスコート」を実施します!

◆来場者特典
ボイスメッセージ付き・王子ポートレートカード(全13種類)
※ランダムでの配布となります。
※三浦海里さんが「体調不良」によりやむを得ず降板となりましたため、「チェシャ猫」の配布はございません。

◆STORY
夢が人々の生きる力となる夢世界。
夢世界の姫として導かれたあなたは、騎士の国・アルストリアのアヴィ王子と、記憶をなくしたキエル王子という旅の供を得る。そんな矢先、海賊の国・アンキュラのロッソ王子から船上パーティの招待状が届く。
なぜ自分たちのことを知っているのか怪訝に思いながらも、パーティに参加するため旅立つことに。一方その頃、各国の王子達も続々とアンキュラに向かっていた……。
はたして、あなたと王子達の運命は!?出会いと波乱に満ちた物語が今、幕を開けるー…。

◆チケット
価格:8,500円(税込/全席指定)
劇場にて当日券発売中!
https://yume100-theater.com/ticket_schedule.php

公式サイト:https://yume100-theater.com/
公式Twitter:@yume100_theater

©GCREST/夢100製作委員会/エイベックス・ピクチャーズ